東京の求人の現状について

東京は日本の中でも本社の有る企業が多く日本で一番飲食店の集まっている地域でも有りますが、最近は求人に関しては人手不足は深刻な問題になっており、従業員数が足りずに閉店を余儀なくされている店舗が増えてきています。

その根底にあるのは雇用状態の劣化もあげられており、自治体を筆頭に雇用状態の改善に取り組んでいますがなかなか効果が見えてきていません。

雇用のミスマッチの延長線上にある問題ですので、国も問題解決に積極的に取り組んでおりまずは職場環境の改善を行いその上で求人を出す事で雇用状態の改善に繋がると言う計画ですので時間はかかりますが自治体と国と企業が三位一体となって取り組まなければ解消しないもんだいですので、これからは職種を問わずいかに仕事のしやすい職場にする事が社員の数を増やし活気の有る職場にするキーワードとなりそうです。

この問題が解決されればオリンピックに備えてもおもてなしの街の接客を行う事も出来ますので、雇用だけの問題ではありません。